蛮力(読み)バンリョク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 蛮勇の力。むやみに勇みたって出す力。
※冷笑(1909‐10)〈永井荷風〉八「若し此れがルウズヴェルトか星亨のやうな蛮力のある身体で」
② 腕力。ふつう、むちゃな腕力にいう。
※社会観察万年筆(1914)〈松崎天民〉蛮カラ列伝「『古賀の蛮力(バンリョク)を知らないか』とばかり、二階からヅドンとばかり取って投げた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android