冷笑(読み)れいしょう

精選版 日本国語大辞典「冷笑」の解説

れい‐しょう ‥セウ【冷笑】

〙 さげすみ笑うこと。せせらわらうこと。あざわらい。
※空華集(1359‐68頃)七・重答「長吟客裡千愁遠。冷笑人間万事非」
洒落本・風俗八色談(1756)三「草休冷笑(レイシャウ)して」 〔北史‐崔贍伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「冷笑」の解説

れい‐しょう〔‐セウ〕【冷笑】

[名](スル)さげすみ笑うこと。あざ笑うこと。「冷笑を浮かべる」「他人を冷笑する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android