松崎天民(読み)まつざき・てんみん

朝日日本歴史人物事典「松崎天民」の解説

松崎天民

没年:昭和9.7.22(1934)
生年:明治11.5.18(1878)
明治大正・昭和初期の新聞記者本名は市郎。岡山県落合町に生まれる。幼少時,生家が没落し,小学4年修了後,丁稚給仕をして家計を助けた。20歳で上京,徳富蘇峰に見いだされ,新聞社給仕から『国民新聞』社会部記者となる。その後,『大阪新報』『大阪朝日新聞』『都新聞』などを転々として探訪記者として文名をあげた。さらに「淪落の女」など風俗読物なども得意とし,著作も多い。昭和7(1932)年から趣味雑誌食道楽』を主宰した。

(有山輝雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「松崎天民」の解説

松崎天民 まつざき-てんみん

1878-1934 明治-昭和時代前期の新聞記者,文筆家。
明治11年5月18日生まれ。尋常小学校をでたあと苦学して国民新聞社記者となる。以後,大阪朝日,東京朝日,毎夕などで記者生活をおくり,探訪記事で人気をえた。のち雑誌「食道楽」を主宰。昭和9年7月22日死去。57歳。岡山県出身。本名は市郎。著作に「淪落(りんらく)の女」「女八人」「人生探訪」など。
【格言など】奥津湯の情あつきに一夜寝て雪に明けたる今朝のよろしき(岡山県奥津温泉にある歌碑)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「松崎天民」の解説

松崎天民【まつざきてんみん】

新聞記者,実話読物作家。本名市郎。岡山県生れ。を転々とするうち徳富蘇峰に見出され,《国民新聞》社会部記者となる。のち《大阪新報》《大阪朝日新聞》など各新聞の記者となり,探訪記事で人気を集めた。5人の女の生涯を描いた《淪落(りんらく)の女》(1912年)以降,実話読物作家として歓迎され,《人生探訪》などを執筆晩年は雑誌《食道楽》を主宰した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android