蛮音(読み)ばんおん

精選版 日本国語大辞典「蛮音」の解説

ばん‐おん【蛮音】

〘名〙
① 荒々しい大声。蛮声。
※東京朝日新聞‐明治三六年(1903)八月一〇日「工藤氏特有の蛮音けふのみは極めて勢よく」
② 外国人の発する音声。また、異国なまり。
※尾形了斎覚え書(1917)〈芥川龍之介〉「声高に何やら、蛮音の経文読誦致し居りし」 〔北斉書‐陸法和伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「蛮音」の解説

【蛮音】ばんおん

南方のなまり。〔北斉書、陸法和伝〕法和、、口より出ださざるが(ごと)きも、時に論ずるれば、則ち雄辯無し。然れどもほ蠻を帶ぶ。

字通「蛮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android