コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛸入道 タコニュウドウ

2件 の用語解説(蛸入道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たこ‐にゅうどう〔‐ニフダウ〕【×蛸入道】

《坊主頭に似ているところから》タコのこと。
僧または坊主頭の人をあざけっていう語。蛸坊主

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蛸入道の言及

【入道】より

…こうした道長・清盛像が背景となり,中世も後期になると入道ということばは,巨大で強そうなもの,いたけだかで事ごとに横車を押すおうへいなものを連想させるようになった。入道雲はその例であり,ゴンドウクジラを入道海豚(いるか),ヒキガエルを入道蛙,巨大なタコやイカを蛸入道,入道烏賊と呼ぶのも同様である。また土着の信仰に根ざす生活をしていた日本人は,仏教に対して畏敬の念を持ちながらも,忌避の感情を捨てきれず,村落の外から入ってくる僧侶を異形(いぎよう)の者として畏怖の念を抱いていたので,そうした感情が複合して,入道ということばは,種々の妖怪と結びつけられるようになった。…

※「蛸入道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone