コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂須賀斉昌 はちすか なりまさ

1件 の用語解説(蜂須賀斉昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂須賀斉昌 はちすか-なりまさ

1795-1859 江戸時代後期の大名。
寛政7年7月10日生まれ。蜂須賀治昭(はるあき)の次男。文化10年(1813)阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀家12代となる。幕命による江戸寛永寺本坊の修理や甲斐(かい)(山梨県)諸河川の堤防修築工事などで財政困難となり,年貢増徴で農民を圧迫したため藩最大の一揆(いっき)をまねいた。安政6年9月13日死去。65歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蜂須賀斉昌の関連キーワード岸沢式佐光の科学史エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)浮田一蕙菊池民子黒沢翁満

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蜂須賀斉昌の関連情報