コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂須賀治昭 はちすか はるあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂須賀治昭 はちすか-はるあき

1758*-1814 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦7年11月24日生まれ。蜂須賀重喜(しげよし)の長男。明和6年(1769)阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀家11代となる。大水害による藩財政の逼迫(ひっぱく)で倹約令をだし,藩士の禄を4年間6割に減じ,藩政改革にとりくむ。また佐野山陰に「阿波志」を編修させた。文化11年3月24日死去。58歳。初名は喜昭(よしあき)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蜂須賀治昭の関連キーワード蜂須賀斉昌那波魯堂

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android