蝉茸(読み)せみたけ

精選版 日本国語大辞典「蝉茸」の解説

せみ‐たけ【蝉茸】

〘名〙 子嚢菌類ニクザキン科のキノコ。日本、中国、インドなどに分布し、春から夏に樹の下に生える。地中にあるニイニイゼミのさなぎに寄生し、棍棒状の子実体を地上に直立して高さ五センチメートル内外となる。頭部はややふくらんで黄褐色、表面近くに多数の子嚢殻があり、それらの開口部が細点を密布したように見える。茎部は白色。同属には不老長寿の霊薬といわれる中国産の冬虫夏草があるほか、日本特産の稀産種が五種ある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「蝉茸」の解説

蝉茸 (セミタケ)

学名:Cordyceps sobolifera
植物。バッカクキン科の子嚢菌類,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android