コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝙蝠蛾 コウモリガ

2件 の用語解説(蝙蝠蛾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうもり‐が〔かうもり‐〕【蝙×蛾】

コウモリガ科の昆虫。翅(はね)は褐色で、前翅には淡色の帯と黄褐色の三角形の紋がある。夏の夕方、活発に飛ぶ。幼虫はクサギキリなどの樹幹に食い入る。 夏》
鱗翅(りんし)目コウモリガ科の昆虫の総称。原始的な大形のガで、口は退化し、食物はとらない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうもりが【蝙蝠蛾】

コウモリガ科の蛾の総称。中形または大形で、触角が短い。日没時に活動する種が多い。世界に約300種、日本では8種が知られる。
コウモリガ科の蛾。開張約90ミリメートル。褐色を帯び、夕方活発に飛び回る。幼虫はクサギ・キリなどの樹幹に穴をあける害虫。九州以北の日本各地と中国・シベリアに分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone