蝙蝠蛾(読み)コウモリガ

デジタル大辞泉の解説

こうもり‐が〔かうもり‐〕【蝙×蛾】

コウモリガ科の昆虫。翅(はね)は褐色で、前翅には淡色の帯と黄褐色の三角形の紋がある。夏の夕方、活発に飛ぶ。幼虫はクサギキリなどの樹幹に食い入る。 夏》
鱗翅(りんし)目コウモリガ科の昆虫の総称。原始的な大形のガで、口は退化し、食物はとらない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうもりが【蝙蝠蛾】

コウモリガ科の蛾の総称。中形または大形で、触角が短い。日没時に活動する種が多い。世界に約300種、日本では8種が知られる。
コウモリガ科の蛾。開張約90ミリメートル。褐色を帯び、夕方活発に飛び回る。幼虫はクサギ・キリなどの樹幹に穴をあける害虫。九州以北の日本各地と中国・シベリアに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蝙蝠蛾 (コウモリガ)

学名:Endoclyta excrescens
動物。コウモリガ科のガ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android