コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭木 クサギ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐ぎ【臭木】

クマツヅラ科の落葉低木。山野に生え、高さは1~3メートル。葉は倒卵形で先がとがり、悪臭がある。8、9月ごろ、萼(がく)が赤紫色で花弁が白い花を多数つける。実は熟すと青色で、古くから染料に用いた。若葉は食用。くさぎり。 花=秋 実=秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさぎ【臭木】

クマツヅラ科の落葉小高木。山野に多い。高さ約3メートル。全体に臭気がある。葉は大きく広卵形。八月頃、枝頂に白花を多数つける。果実は球形で濃青色、果実の下に赤紫色の萼が星形に残る。果実を染料に、若葉を食用にする。クサギリ。 〔「臭木の花」 「臭木の実」は [季]秋〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

臭木 (クサギ)

植物。スイカズラ科の落葉低木,園芸植物。カンボクの別称

臭木 (クサギ)

学名:Clerodendron trichotomum
植物。クマツズラ科の落葉低木・小高木,園芸植物,薬用植物

臭木 (クサギ)

植物。ミカン科の落葉低木,薬用植物。コクサギの別称

臭木 (クサギ)

植物。クマツズラ科の落葉小高木。ハマクサギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

臭木の関連キーワードゲンペイクサギ(源平臭木)ゲンペイクサギクマツヅラ科白酒・黒酒

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臭木の関連情報