化学作用(読み)かがくさよう(英語表記)chemical action

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学作用
かがくさよう
chemical action

物質に化学変化を起させる作用。この作用を及ぼすことのできるものは,物質や各種エネルギーである。たとえば酸素が木炭を燃やすのは,酸素の化学作用であり,塩素酸カリウムが熱により分解すること,水が電気分解により水素と酸素に分解すること,臭化銀が感光して写真の像をつくることなどは,熱,電気,光などのエネルギーが化学作用を起したものである。化学作用は,物質を変化させるばかりでなく,その変化の際に発生する化学エネルギーを利用するためにも役立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かがくさよう【化学作用】

物質が化合したり分解したりする働き。また、物質に化学変化を起こす作用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かがく‐さよう クヮガク‥【化学作用】

〘名〙 化学変化を起こさせる作用。ある物質を全く異なった物質に変化させる作用。化学変化。⇔物理作用。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android