コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学作用 かがくさようchemical action

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学作用
かがくさよう
chemical action

物質に化学変化を起させる作用。この作用を及ぼすことのできるものは,物質や各種エネルギーである。たとえば酸素が木炭を燃やすのは,酸素の化学作用であり,塩素酸カリウムが熱により分解すること,水が電気分解により水素と酸素に分解すること,臭化銀が感光して写真の像をつくることなどは,熱,電気,光などのエネルギーが化学作用を起したものである。化学作用は,物質を変化させるばかりでなく,その変化の際に発生する化学エネルギーを利用するためにも役立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かがく‐さよう〔クワガク‐〕【化学作用】

物質に化学変化を起こさせる作用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かがくさよう【化学作用】

物質が化合したり分解したりする働き。また、物質に化学変化を起こす作用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化学作用の関連キーワードエタノール注入療法(PEIT)あざのレーザー治療メタゾマトシスエルステッド石炭のタイプ紫外線ランプゼーベック光の科学史崩壊角礫岩ゼンナートシュタール石灰岩植物合成洗剤ラセミ化融食作用化学感覚音響化学耐熱合金日光療法化学増感

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android