コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

螻蛄首 ケラクビ

2件 の用語解説(螻蛄首の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けら‐くび【螻蛄首】

槍(やり)の穂と柄とが接する部分。しおくび。
日本建築の継ぎ手・仕口で、差し込み部分の先を大きくし、途中をくびらせて抜けないようにしたもの。
茶の湯で用いる柄杓(ひしゃく)の、柄と合(ごう)(水や湯を入れる部分)の合わせ目。三つ角。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けらくび【螻蛄首】

槍の穂の末端で、柄に接するくびれた部分。しおくび。
建築の継ぎ手で、突出部の根元のくびれた部分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

螻蛄首の関連キーワードスロート接点石突き踵を接する雑巾摺り穂首鉤槍諸穂畳寄せ腹帯カバー (girth sleeve)