コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

螻蛄首 ケラクビ

デジタル大辞泉の解説

けら‐くび【螻蛄首】

槍(やり)の穂と柄とが接する部分。しおくび。
日本建築の継ぎ手・仕口で、差し込み部分の先を大きくし、途中をくびらせて抜けないようにしたもの。
茶の湯で用いる柄杓(ひしゃく)の、柄と合(ごう)(水や湯を入れる部分)の合わせ目。三つ角

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けらくび【螻蛄首】

槍の穂の末端で、柄に接するくびれた部分。しおくび。
建築の継ぎ手で、突出部の根元のくびれた部分。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

螻蛄首の関連キーワード潮頸・塩首・潮頚おくび継ぎ手しのぎ末端仕口根元

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android