螻蛄首(読み)ケラクビ

デジタル大辞泉の解説

けら‐くび【螻蛄首】

槍(やり)の穂と柄とが接する部分。しおくび。
日本建築の継ぎ手・仕口で、差し込み部分の先を大きくし、途中をくびらせて抜けないようにしたもの。
茶の湯で用いる柄杓(ひしゃく)の、柄と合(ごう)(水や湯を入れる部分)の合わせ目。三つ角

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けらくび【螻蛄首】

槍の穂の末端で、柄に接するくびれた部分。しおくび。
建築の継ぎ手で、突出部の根元のくびれた部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android