コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕口 しぐち joint; connection

5件 の用語解説(仕口の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仕口
しぐち
joint; connection

建築部材の接合の一種。木構造,鉄骨構造鉄筋コンクリート造などの構造物で,柱と梁,筋かいと柱または土台,梁と桁のように,方向の異なる2つ以上の部材をT字形やある角度で接合したり,交差させることをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐くち【仕口】

《「しぐち」とも》
しかた。やりかた。やりくち。
建築などで、部材を直角またはある角度で接合すること。また、その接合部分。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しくち【仕口】

〔「しぐち」とも〕
二つの木材を直角あるいは斜めに接合する方法。また、その部分。接合するために切り刻んだ枘ほぞなどをいうこともある。 → 継ぎ手

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

しくち【仕口】

2つ以上の部材を組み合わせて接合した部分。またはその方法。特に角度をつけて柱や梁(はり)、桁(けた)などの構造部材を接合する場合をいい、ほぞとほぞ穴を作って組み合わせる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仕口
しぐち

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの構造物を構成する柱、梁(はり)、筋かいなどの部材が接合される箇所または方法の一種。柱と梁、あるいは筋かいと柱や土台を継ぐ場合のように、部材をある角度をもって接合するときを仕口という。これに対して、2本以上の材を材軸方向に継ぎ、1本の材に接合するときを継手(つぎて)という。
 仕口は、部材に生じている力が集中し、その大きさや方向を変えるところである。とくに、木造や鉄骨造のように、部材を組み立てる工法をとる場合には、構造上の弱点になりやすく、その安全性を検討する設計が重要になる。仕口は十分な強度と剛性をもち、がたや緩みを少なくして、構造物の骨組の変形に追随できる粘り強さをもたなければならない。
 鉄筋コンクリート造の仕口は、鉄筋のコンクリートへの定着によって耐力を発揮する。鉄骨造では、ボルト、高力ボルト、溶接などの接合手段を用いて、ピン、ローラー、剛接合などの仕口が形成される。木造の場合、わが国においては古来より、巧妙な木の面の取り合わせによって、いろいろな仕口が形づくられ、深い軒の出を支えたり、風や地震によって生じる力を巧みに吸収、分散させたりしてきた。これには、材を交差させてあわせるだけの渡し掛(わたしがけ)仕口と、材を緊結できるように組み合わせてつくる組立て仕口がある。現在は、複雑な木組みを簡略化するかわりに、釘(くぎ)、ボルト、かすがいなどの金物によって仕口を補強する工法が、一般に用いられている。
 なお、家具における接合技法の総称をさすこともある。[鈴木 有]
『『建築学大辞典』(1976・彰国社) ▽日本建築学会編『建築学便覧 構造』(1977・丸善) ▽日本建築学会編著『構造用教材』(1985・丸善) ▽飯塚五郎蔵著『住宅デザインと木構造』(1982・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仕口の言及

【継手】より

…これは構造耐力のためばかりでなく,意匠上の配慮によるものでもある。一般に継手,仕口(しぐち)と総称されるが,継手が同じ部材を同一線上で接合するのに対し,仕口の方は,同じ部材または別の部材を直角あるいは斜めに組み合わせる組手や差口などのことである。なお,管や軸を接続する場合にも継手が用いられ,それぞれ管(くだ)継手軸継手と呼ばれる。…

※「仕口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仕口の関連キーワード消し口消し口を取る銅拍子口橋口話し口鷲口切落し口圧し口返し口西口町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仕口の関連情報