コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹蝙蝠 カニコウモリ

デジタル大辞泉の解説

かに‐こうもり〔‐かうもり〕【×蟹蝙蝠】

キク科の多年草高山針葉樹林の下に群生。高さ0.5~1メートル。カニ甲羅のような形で縁にぎざぎざがあり、3枚が互生する。8、9月ごろ、茎の先に白い小花を円錐状につける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かにこうもり【蟹蝙蝠】

キク科の多年草。深山の林中に生える。茎は高さ約60センチメートル、数個の葉を互生し、葉はカニの甲羅に似る。夏から秋にかけ茎頂に円錐花序を立てて多数の白色の頭花をつける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蟹蝙蝠 (カニコウモリ)

学名:Cacalia adenostyloides
植物。キク科の多年草,高山植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蟹蝙蝠の関連キーワード円錐花序白色林中頭花深山数個

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android