コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血合(い) チアイ

デジタル大辞泉の解説

ち‐あい〔‐あひ〕【血合(い)】

カツオ・マグロなどの背骨近くにある暗赤色の部分。血を多く含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の血合(い)の言及

【血合肉】より

…魚類特有の暗赤褐色の筋肉で,血合筋ともいう。魚類の筋肉には普通肉のほかに俗に血合と呼ばれる暗赤色の部分があり,普通肉に対する割合は魚種や筋肉部位によって異なる。…

※「血合(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

血合(い)の関連キーワードねこまんま 香りツナ ブレンドツインツナねこまんま 香りツナ ブレンドハーフツナねこまんま こだわりのかつお五枚に下ろす/五枚に卸す動脈硬化症・大動脈瘤五枚下ろし/五枚卸し近視・遠視・乱視黒缶気まグルメ老人性高血圧ソウダガツオ黒缶シュシュ毎日のごはん黒缶パウチヒスチジンタウリン黒缶ミニカツオ作取りキンキ血合肉

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android