コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固形癌 コケイガン

2件 の用語解説(固形癌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こけい‐がん【固形×癌】

血液癌(がん)以外の、臓器や組織などで塊をつくるの総称。胃癌・肺癌・子宮癌など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

固形癌
こけいがん

特定の臓器や組織などに、明らかな塊として認められる充実性の癌。塊をつくらず個別に血管やリンパ組織内に発生する造血組織の異常による血液癌(白血病悪性リンパ腫(しゅ)、多発性骨髄腫など)とは区別される。固形癌には、皮膚の表皮や臓器の粘膜(上皮)にできる上皮細胞癌と、表皮や上皮以外の筋肉や骨および平滑筋などにみられる非上皮細胞癌がある。よく知られる固形癌に胃癌、肺癌、大腸癌、乳癌などがあるが、これらはすべて上皮細胞癌で、ほかに肝臓癌、腎臓(じんぞう)癌、舌癌、甲状腺(こうじょうせん)癌、子宮癌、卵巣癌、前立腺癌などが含まれる。非上皮細胞癌は肉腫(にくしゅ)ともよばれるもので、骨肉腫や軟骨肉腫などのように骨にできるもののほか、横紋筋肉腫や平滑筋腫などのように筋肉や平滑筋にできるものがある。
 上皮細胞癌の治療には、手術療法や化学療法、放射線療法がある。骨肉腫などの治療は、化学療法によって腫瘍(しゅよう)を縮小させ癌化した骨の病変部を手術で取り除いたのち、人工骨を用いるか骨移植によって機能を温存する患肢温存術などを行うことが多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

固形癌の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)日本年号一覧総合年表(北・東・東南アジア)姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)名数小辞典日本日本神話の神々

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

固形癌の関連情報