コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固形癌 コケイガン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

固形癌
こけいがん

特定の臓器や組織などに、明らかな塊として認められる充実性の癌。塊をつくらず個別に血管やリンパ組織内に発生する造血組織の異常による血液癌(白血病、悪性リンパ腫(しゅ)、多発性骨髄腫など)とは区別される。固形癌には、皮膚の表皮や臓器の粘膜(上皮)にできる上皮細胞癌と、表皮や上皮以外の筋肉や骨および平滑筋などにみられる非上皮細胞癌がある。よく知られる固形癌に胃癌、肺癌、大腸癌、乳癌などがあるが、これらはすべて上皮細胞癌で、ほかに肝臓癌、腎臓(じんぞう)癌、舌癌、甲状腺(こうじょうせん)癌、子宮癌、卵巣癌、前立腺癌などが含まれる。非上皮細胞癌は肉腫(にくしゅ)ともよばれるもので、骨肉腫や軟骨肉腫などのように骨にできるもののほか、横紋筋肉腫や平滑筋腫などのように筋肉や平滑筋にできるものがある。
 上皮細胞癌の治療には、手術療法や化学療法、放射線療法がある。骨肉腫などの治療は、化学療法によって腫瘍(しゅよう)を縮小させ癌化した骨の病変部を手術で取り除いたのち、人工骨を用いるか骨移植によって機能を温存する患肢温存術などを行うことが多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

固形癌の関連キーワード血管新生平滑筋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

固形癌の関連情報