コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行歴抄 ぎょうれきしょう

1件 の用語解説(行歴抄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうれきしょう【行歴抄】

円珍の入唐旅行日録《在唐巡礼記》(《行歴記》ともいう)の抄録。1巻。円珍が851年(仁寿1)4月に京を発して入唐し,858年(天安2)帰朝して翌年叡山に入るまで,9年に及ぶ旅行の詳細を記した《在唐巡礼記》5巻を,頼覚が1049年(永承4)に抄録。このうち853年8月に渡海を果たすまでの部分は,智勧が1194年(建久5)に追抄したもの。《在唐巡礼記》の伝わらぬ今日,日唐間の仏教交渉史料として貴重。円珍自身の求法記事のほか,円載,円基,円修ら入唐天台僧の行状,文挙,清観らの法系などに関し,独自の史料を伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone