行歴抄(読み)ぎょうれきしょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうれきしょう【行歴抄】

円珍の入唐旅行日録《在唐巡礼記》(《行歴記》ともいう)の抄録。1巻。円珍が851年(仁寿1)4月に京を発して入唐し,858年(天安2)帰朝して翌年叡山に入るまで,9年に及ぶ旅行の詳細を記した《在唐巡礼記》5巻を,頼覚が1049年(永承4)に抄録。このうち853年8月に渡海を果たすまでの部分は,智勧が1194年(建久5)に追抄したもの。《在唐巡礼記》の伝わらぬ今日,日唐間の仏教交渉史料として貴重。円珍自身の求法記事のほか,円載,円基,円修ら入唐天台僧の行状,文挙,清観らの法系などに関し,独自の史料を伝える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android