コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行法 ギョウホウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐ほう【行法】

(ギャウハフ) 法律を執行すること。
(ギャウホフ) 《古くは「ぎょうぼう」》仏語。仏道を修行すること。また、その方法。特に、密教修法をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうほう【行法】

〔歴史的仮名遣い「ぎやうはふ」〕 法律を執行すること。
〔歴史的仮名遣い「ぎやうほふ」〕 〘仏〙 〔古くは「ぎようぼう」〕 仏道を修行すること。また、その方法。 「真言もよく習ひて-を断たず/今昔 13

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の行法の言及

【修法】より

…密教の教理を実現するための実践方法の総称。修行法,行法ともいう。経典にもとづいて修法壇を設け,いろいろな仏を本尊として,供物をささげ,手に印を結び,口に真言を唱え,心に本尊を念ずる。…

※「行法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

行法の関連キーワード加持祈祷・加持祈禱地方教育行政法グルジェフ覚法法親王護摩を焚く常行三昧法華懺法仮名遣い五種修法高田力蔵川面凡児吉田神道呪師猿楽四度加行橘家神道観普賢経十八契印真言止観法親王教授師

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行法の関連情報