行法(読み)ギョウホウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐ほう【行法】

(ギャウハフ) 法律を執行すること。
(ギャウホフ) 《古くは「ぎょうぼう」》仏語。仏道を修行すること。また、その方法。特に、密教修法をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうほう【行法】

〔歴史的仮名遣い「ぎやうはふ」〕 法律を執行すること。
〔歴史的仮名遣い「ぎやうほふ」〕 〘仏〙 〔古くは「ぎようぼう」〕 仏道を修行すること。また、その方法。 「真言もよく習ひて-を断たず/今昔 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の行法の言及

【修法】より

…密教の教理を実現するための実践方法の総称。修行法,行法ともいう。経典にもとづいて修法壇を設け,いろいろな仏を本尊として,供物をささげ,手に印を結び,口に真言を唱え,心に本尊を念ずる。…

※「行法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行法の関連情報