コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛紹王 えいしょうおうWei-shao-wang; Weishao-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛紹王
えいしょうおう
Wei-shao-wang; Weishao-wang

[生]?
[没]金,至寧1(1213)
中国,の第7代皇帝 (在位 1208~13) 。廃帝。小字は興勝。諱は允済,のち永済。諡は紹。世宗の第7子。承安2 (1197) 年衛王に改封される。章宗の遺志により皇帝に即位。大安3 (1211) 年春モンゴル軍が侵入,防御に失敗し,罪を問われることを恐れて中都に帰り,内乱を起した防衛総司令官右副元帥の 紇石烈執中 (きっせきれつしっちゅう) に捕われ,執中が送った宦者の李思忠に殺された。執中が高きに殺されたあと,貞祐4 (16) 年衛王を追復,紹と諡され,ゆえに衛紹王と呼ばれる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

衛紹王の関連キーワード建暦横山時兼和田胤長和田常盛和田義盛タマラタマラパンダルフペドロ2世[アラゴン王]金槐和歌集