衝立て(読み)ついたて

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ついたて【衝立て】

玄関や和室などにおき、装飾を兼ねて簡単な間仕切りとして用いる道具。平安時代には衝立て障子といい、「襖障子(ふすましょうじ)」「板障子」などど呼ばれた建具に脚をつけ、持ち運んで必要な場所に立てて使えるようにしたもので、布や紙を張って墨絵や彩色を施した調度品であった。江戸時代以降、庶民の住宅にも普及。こんにちでは、装飾的な和風のものでなくても、持ち運びができる板状の間仕切りをいうことが多い。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衝立ての関連情報