コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝立て ついたて

1件 の用語解説(衝立ての意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ついたて【衝立て】

玄関や和室などにおき、装飾を兼ねて簡単な間仕切りとして用いる道具。平安時代には衝立て障子といい、「襖障子(ふすましょうじ)」「板障子」などど呼ばれた建具に脚をつけ、持ち運んで必要な場所に立てて使えるようにしたもので、布や紙を張って墨絵や彩色を施した調度品であった。江戸時代以降、庶民の住宅にも普及。こんにちでは、装飾的な和風のものでなくても、持ち運びができる板状の間仕切りをいうことが多い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衝立ての関連キーワード厳星飾り釘兼ね役カフスボタン気を兼ねる儒医スリップオン寸描力竹置き床