衝羽根草(読み)ツクバネソウ

デジタル大辞泉の解説

つくばね‐そう〔‐サウ〕【衝羽根草】

ユリ科の多年草。高さ15~40センチ。茎に4枚の葉を輪生し、初夏、茎頂に淡黄緑色の花を1個つける。王孫 花=夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つくばねそう【衝羽根草】

ユリ科の多年草。山地の林中に生える。茎は高さ20センチメートル 内外で、頂に卵状長楕円形の葉を四個輪生する。晩春、茎頂に緑色の花を開く。外花被片は披針形で四個あり、内花被片はない。王孫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

衝羽根草 (ツクバネソウ)

植物。アカネ科の多年草。キヌタソウの別称

衝羽根草 (ツクバネソウ)

学名:Paris tetraphylla
植物。ユリ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つくばね‐そう ‥サウ【衝羽根草】

〘名〙
① ユリ科の多年草。各地の落葉広葉樹林内に生える。高さ約三〇センチメートル。細い地下茎が横にはう。葉はふつう長さ四~一〇センチメートルの先の尖った広楕円形で茎の上部に四個輪生し、網状脈がある。初夏、淡緑色の花がただ一個咲く。花は外花被が四個で、内花被がない。雄しべは八本。果実は液果で紫黒色に熟す。葉のつきかたが羽根つきの羽根に似ているところからこの名がある。〔物品識名(1809)〕
② 植物「きぬたそう(砧草)」の異名。〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android