表付(読み)おもてつき

精選版 日本国語大辞典の解説

おもて‐つき【表付】

〘名〙
① 見た感じ。外見。みてくれ。
※東寺百合文書‐ち・永享一〇年(1438)九月二九日・二十一口方評定引付「於柚留木者、面付計事之由令申了」
② 建物の正面。また、その様子。
※鱧の皮(1914)〈上司小剣〉七「絵看板は芝居小屋の表つき一杯に掲げられて」
③ 雪駄、下駄などで、表の付いたもの。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「表附の駒下駄であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表付の関連情報