袋果(読み)たいか

日本大百科全書(ニッポニカ)「袋果」の解説

袋果
たいか

乾果開する果実一種。一心皮子房あるいは離生心皮のそれぞれの心皮が成熟して袋状になる。裂開するときにはそれぞれの心皮が癒着した内縫(ないほう)線に沿って裂ける。トリカブト属、シャクヤク属、ガガイモ科の植物の果実にみられる。

[吉田 治]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「袋果」の解説

たい‐か ‥クヮ【袋果】

〘名〙 果実の一種、乾果のうち裂開果の一種。一枚の心皮から生じた子房が成熟した果実で、内縫線または外縫線にそって裂開する。トリカブト属・シャクヤク属・ガガイモ科の植物に見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の袋果の言及

【実】より

…このように自動的に種子を飛ばすものもあるが,裂果の多くは風などでゆれることにより小さい種子を飛ばす受動型である。裂果はさらに袋果follicle(離生めしべで,1ヵ所で縦に裂ける),豆果legume(マメ科のように1心皮性だが,心皮の腹側と背側で裂開する),蒴果(さくか)capsule(合生めしべ)などに分けられる。 閉果は一つの子房室にふつう一つの種子がある実にみられる。…

※「袋果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android