コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥兜/鳥甲 トリカブト

デジタル大辞泉の解説

とり‐かぶと【鳥×兜/鳥甲】

舞楽の襲装束(かさねしょうぞく)に用いるかぶり物。鳳凰(ほうおう)の頭をかたどり、厚紙に金襴(きんらん)紅絹(もみ)などをかぶせて作る。曲により形式・色彩などが異なる。
キンポウゲ科の多年草。高さ約1メートル。葉は手のひら状に深く裂けている。秋、深紫色の冠状の花が集まって咲く。また、ハナトリカブトなどを含め、トリカブト属の総称。塊根は猛毒であるが、漢方では主根を烏頭(うず)、側根を附子(ぶし)といい、神経痛リウマチなどの鎮痛薬に用いる。かぶとぎく。かぶとばな。 秋》「荒寥(こうりょう)と熊の湯ちかき―/秋桜子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とりかぶと【鳥兜】

舞楽および能のかぶり物。舞楽では《鳥甲》とも書く。形状は鳳凰(ほうおう)の頭をかたどったとされ,頂が前方にとがり,錏(しころ)が後方に突き出したもの。舞楽の鳥は厚紙を素材とし,その表に赤・緑・紫の金襴を張り,縁を組紐でとじ,側面に丸に五七の桐の透し彫を施した円形金銅金具をつけ,八つ打ちの紐をあご下で結ぶ。裏には紅絹(もみ)が張ってある。管方(かんかた)の常装束として用いるほか,《万歳楽》《承和楽》《北庭楽》《甘州》《裹頭楽(かとうらく)》《一曲》《振鉾(えんぶ)》《延喜楽》《仁和楽》などに用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とりかぶと【鳥兜】

舞楽の襲装束かさねしようぞくに用いる兜。錦にしき・金襴きんらんなどで鳳凰ほうおうの頭かしらにかたどり、頂が前方にとがり、錏しころが後ろに突き出たもの。
キンポウゲ科の多年草。高さ80センチメートル 内外。葉は密に互生し、掌状に三深裂。秋、茎頂に円錐花序を立て濃紫青色の花をつける。根は塊状で有毒。ヤマトリカブト。 [季] 秋。
キンポウゲ科トリカブト属植物の総称。塊根は猛毒のアルカロイドを含むが、附子ぶしまたは烏頭うずと呼び、古くから神経痛・リウマチなどの薬とされてきた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鳥兜 (トリカブト)

学名:Aconitum chinense
植物。キンポウゲ科多年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の鳥兜/鳥甲の言及

【舞楽装束】より

…(12)烏皮沓(うひぐつ∥くりかわくつ) 曲目によって牛革で作られた種々の沓があり,《胡飲酒》《新靺鞨(しんまか)》《採桑老》,また〈久米舞〉等で用いられる。(13)頭装 兜(甲)(かぶと)は通常多く用いるものに鳥兜(甲)(とりかぶと)がある。厚紙に金襴を張り,鳳凰の頭にかたどったといわれる華麗な甲で裏は紅絹,左方,右方の別がある。…

※「鳥兜/鳥甲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥兜/鳥甲の関連キーワードトリカブト(鳥兜)ヤマトリカブト百鬼夜行絵巻アルカロイド陪臚・倍廬円錐花序歌川広重王の舞襲装束蔵王山掌状於宇烏頭塊状塊根

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android