コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋網 フクロアミ

3件 の用語解説(袋網の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふくろ‐あみ【袋網】

定置網引き網などの、細長い袋状の部分。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふくろあみ【袋網】

袋状に編んだ網。流れに仕掛けて魚などを捕る。
引き網・巻き網などの魚を追い込む袋状の部分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袋網
ふくろあみ

袋状の網を河川や海中に設置して水産動物が乗網するのを待つ網漁具。漁具をさす場合の名称表記としては「嚢網」とするのが正しいが、一般には「袋網」の表記が通行している。袋網には二つのタイプがある。その一つは網口付近に餌(えさ)をつけ、集まった魚を引き上げてとるもので、カワハギ網などがある。ほかの一つは網口を急流に向けて水底に敷設するアンコウ網、ウナギ長袋網などで、袋網の大半がこのタイプである。袋網の網口には翼網や漏斗(ろうと)網が取り付けてあるものもある。[笹川康雄・三浦汀介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の袋網の言及

【狩猟】より

…かつては小鳥類を捕獲する霞網がおもな網猟として盛んであったが,現在では禁止されている。現在行われている網猟はカモ類を対象にするカモ網,スズメやキジバトなどが対象の無双網,スズメを捕らえる袋網などがあり,獣猟としてはウサギ網がある。カモ網の代表的なものは谷切(やつきり)網と呼ばれるもので,夕方,山間の湖沼から平野部へ採餌に峰越しに飛ぶカモの通路に,巨大な張網をして捕獲する猟法である。…

※「袋網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

袋網の関連キーワード定置網引網置き網・置網垣網地蜘蛛身網地引き網八田網底びき網漁業ジグモ(地蜘蛛)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袋網の関連情報