コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖下(読み)ソデシタ

デジタル大辞泉の解説

そで‐した【袖下】

和服で、袖の下端の部分。袖底。
洋服で、わきの下の袖付けの位置から袖口までの部分。
袖丈(そでたけ)のこと。
「―九寸に足らず」〈浮・一代男・二〉
袖の下」に同じ。
「後家の―から、何にも成る物、大分もらひて」〈浮・好色盛衰記・一〉
内密。ないしょ。
「昔も今もかはらぬか、かの―のいひかはし」〈浄・薩摩歌〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでした【袖下】

和服で、袂たもとの下端。また、袖付けの下端から袖の下端までの部分。
洋服で、一枚袖の縫い合わされたところ。
袖の下」に同じ。 「かの-のいひかはし/浄瑠璃・薩摩歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android