コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖の下 ソデノシタ

デジタル大辞泉の解説

そで‐の‐した【袖の下】

人目につかないように袖のから贈る物。内密に贈る品物や金銭。そでした。わいろ。「袖の下を使う」「袖の下を握らせる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そでのした【袖の下】

たもとに隠すようにしてそっと渡すもの。賄賂。また、心付け。そでした。 「 -を使う」
人目をはばかって、内証で渡すこと。 「茶など買うて飲めやといふて、-から二匁も遣る/浮世草子・新色五巻書」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

袖の下の関連キーワードアンダーザテーブルキックバック歌舞伎衣装ケンペル尾形光琳ほつほつ浮世草子袖括り野良着心付け此れ式産着直垂鼻薬賄賂小袖狩衣袖下

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袖の下の関連情報