袖の下(読み)ソデノシタ

デジタル大辞泉の解説

そで‐の‐した【袖の下】

人目につかないように袖のから贈る物。内密に贈る品物や金銭。そでした。わいろ。「袖の下を使う」「袖の下を握らせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでのした【袖の下】

たもとに隠すようにしてそっと渡すもの。賄賂。また、心付け。そでした。 「 -を使う」
人目をはばかって、内証で渡すこと。 「茶など買うて飲めやといふて、-から二匁も遣る/浮世草子・新色五巻書」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袖の下の関連情報