コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被災宅地危険度判定士 ヒサイタクチキケンドハンテイシ

1件 の用語解説(被災宅地危険度判定士の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひさいたくち‐きけんどはんていし【被災宅地危険度判定士】

大規模な地震・大雨などで被害を受けた宅地を調査し、二次災害の危険度を判定する技術者。地方公共団体の要請に応じて、宅地の亀裂などの被害状況を調べる。宅地判定士。→応急危険度判定士
[補説]被災宅地危険度判定士になるには、都市計画法施行規則などで規定する設計者の資格、または国・地方公共団体等で土木・建築職員として一定期間以上の実務経験を有し、被災宅地危険度判定連絡協議会または都道府県知事が実施する講習会を修了し、都道府県への登録が必要。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被災宅地危険度判定士の関連キーワード北海道東方沖地震釧路沖地震大規模被害被害地八重山地震浦河沖地震激甚災害法大規模災害日向灘地震

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被災宅地危険度判定士の関連情報