コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応急危険度判定士 オウキュウキケンドハンテイシ

デジタル大辞泉の解説

おうきゅう‐きけんどはんていし〔オウキフ‐〕【応急危険度判定士】

大規模な地震などが発生した際に、二次的災害を防止するために、被害を受けた建築物を調査し、倒壊の危険性や、外壁・窓ガラスなどの落下、付属設備の転倒などの危険性を判定する専門家。所定の講習を受け、都道府県に登録した民間の建築士がボランティアとして従事する。→被災宅地危険度判定士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

応急危険度判定士の関連キーワード応急危険度判定

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応急危険度判定士の関連情報