コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被災者生活再建支援金 ヒサイシャセイカツサイケンシエンキン

2件 の用語解説(被災者生活再建支援金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひさいしゃ‐せいかつさいけんしえんきん〔‐セイクワツサイケンシヱンキン〕【被災者生活再建支援金】

大規模な自然災害によって住宅が損壊するなど生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対して、被災者生活再建支援法に基づいて支給される支援金。都道府県が拠出する被災者生活再建支援基金から支給され、国が半額を補助する。被害の程度や住宅の再建方法に応じて最大300万円が支給される。
[補説]東日本大震災については特例措置として国の補助率が8割に引き上げられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被災者生活再建支援金

災害で自宅に住めなくなった世帯や長期避難中の世帯に、被害に応じて37万5千円~100万円の「基礎支援金」が支給される。災害発生から37カ月以内に家を再建するとさらに「加算支援金」として、建築・購入なら200万円、補修は100万円、賃貸住宅への入居は50万円が支給される。国と都道府県が折半して負担。東日本大震災では特例で国の負担を8割に引き上げ、加算支援金の申請期限も85カ月以内に延ばした。

(2013-01-07 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被災者生活再建支援金の関連キーワード災害時要援護者新世帯家電帰宅難民家飲み避難指示自宅にて急逝避難勧告と避難指示三宅島の噴火避難場所

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被災者生活再建支援金の関連情報