半額(読み)はんびたい

精選版 日本国語大辞典「半額」の解説

はん‐びたい ‥びたひ【半額】

〘名〙 の一つ。の磯(いそ)の高さが厚額(あつびたい)薄額(うすびたい)中間である冠。近世は、甲(こう)の中央を透かした透額(すきびたい)に対して、前方だけ細く三日月形に透かした半透額(はんすきびたい)をいう。
禁秘鈔(1221)上「額とは厚額にはあらず、又透額にもあらぬ也」

はん‐がく【半額】

〘名〙 きまった金額の半分
民法(明治三一年)(1898)一一三〇条「被相続人の財産の半額を受く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「半額」の解説

はん‐びたい〔‐びたひ〕【半額】

冠の額が厚額あつびたい薄額うすびたいとの中間である冠。近世では、透き額に対して額の前方だけ細く三日月に透かした半透き額をいう。

はん‐がく【半額】

ある金額の半分。「半額を払う」
[類語]半値半分五分ハーフ半ば半数半金四半分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android