コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁っ着け袴 タッツケバカマ

デジタル大辞泉の解説

たっつけ‐ばかま【裁っ着け×袴】

袴の一。ひざから下を細くし、下部を脚絆(きゃはん)のように仕立てたもの。もと、多く武士の旅行用、のちに行商人・農民の仕事着として用いた。現在では、相撲の呼び出しが用いている。伊賀袴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

裁っ着け袴の関連キーワード裁っ着け脚絆

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android