評議(読み)ひょうぎ

精選版 日本国語大辞典「評議」の解説

ひょう‐ぎ ヒャウ‥【評議】

〘名〙 意見を交換して相談すること。商議
※吾妻鏡‐建久五年(1194)一〇月九日「兼日能凝
※地蔵菩薩霊験記(16C後)一三「帝都大に騒て卿相百官何(いかん)せんことを評議(ヘウギ)し玉ふ」 〔晉書‐武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「評議」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「評議」の解説

【評議】ひよう(ひやう)ぎ

相談して決定する。〔後漢書東夷、高句驪伝〕牢獄無し。罪るものは、議を加へて(すなは)ち之れをし、妻子を沒入して奴婢と爲す。

字通「評」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android