コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏御光 うらごこう

百科事典マイペディアの解説

裏御光【うらごこう】

日出没の薄明時に,地平線近くの太陽から出た光条が天空を通って反対方向の地平線に収束し,太陽と反対方向から放射状に光条が射出されているように見える現象。太陽側の地平線から放射状に射出されているものを表御光という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裏御光
うらごこう

日没のすぐあと、夕焼けした空に東の地平線から放射状に上空へ伸びている光の縞(しま)。西の地平線から伸びた光の縞(表御光)が東の地平線に達したものである。光の縞の暗い部分は、西の地平線下にある背の高い雲の陰である。普通、晴れた日に出る。これと似た現象に、低い雲があってその背後の太陽からの光が雲のすきまから放射状に広がって見えることがあり、これは単に御光とよばれる。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

裏御光の関連キーワード裏後光

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android