コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御光 ごこう glory

翻訳|glory

3件 の用語解説(御光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御光
ごこう
glory

太陽光と霧粒などの水滴による後方散乱現象。山頂などで太陽を背にして前方の霧などに映った自分の影を見るとき,そのまわりに光の輪が見えるグローリー現象も一例で,ブロッケンの妖怪山の御光仏の御光などともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごこう【御光】

グローリーのこと。見られる場所によって山の御光・海の御光・稲田の御光などと呼ばれる。後光。御来迎。来光。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御光
ごこう

山の頂上付近で、前方に霧があって太陽が背後にあるとき、前方の霧(または雲)の中に自分の影がぼんやりと映り、その周りに色のついた光の輪がかかる。これを御光といい、グローリーgloryともよばれる。御光は自分だけに見えて第三者は横からそれを見ることはできない。光の輪は外側が赤みがかり、内側が青みがかっている。光冠の色の配列と同じである。自分の影の周りは明るい白色のことが多いが、暗い色のこともある。御光の周り(外側)に大きな白い光輪(霧虹(きりにじ))が見えることもある。御光の光輪の直径が5度とすれば霧虹の直径は約67度である。御光は背後に太陽、前方に霧(または雲)があれば、どこでもいつでも見ることができる。山頂ではとくに見る機会が多い。光の輪が二重にできたり、多いときは五重に出ることもある。航空機上からも上に太陽があり下に雲があると御光が見えることは珍しくはない。雲中を飛行しているとき、前方の太陽の方向に光冠を見、同時に後方に御光を見たという例もある。
 御光の仕組みはまだ明らかではない。太陽の方向に見える光冠を裏返しにしたようなもので、太陽の光が雲の中に入って雲粒に当たって散乱し、その光が途中の雲粒によって回折されてできるというように考えられている。
 御光は普通、山でよく見られるので「山の御光」といわれる。昔は御光を御来迎(ごらいごう)とよんで山で修行する行者は神聖な現象とした。ドイツのブロッケン山では霧の中に自分の影が拡大されて大きく映るのが多く観測されたが、これは「ブロッケンの妖怪(ようかい)」とよばれる。その映像の周りに御光ができることもあり、その場合も「ブロッケンの妖怪」とよぶ。御光ということばはそのほかにもいろいろと使われ、裏御光、稲田の御光などはよく聞かれる。[大田正次・股野宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御光の関連キーワード稲田の御光クーロン散乱太陽エネルギー太陽神話日射ミー散乱夜と霧の隅でカバンヌ因子メラー散乱ラマン散乱

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御光の関連情報