コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補充裁判員 ホジュウサイバンイン

2件 の用語解説(補充裁判員の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほじゅう‐さいばんいん〔‐サイバンヰン〕【補充裁判員】

裁判員裁判において、裁判員が病気・事故等により途中で審理に参加できなくなった場合に備えて選任される裁判員。裁判員の職務を引き継げるよう、審理の最初から参加し、証拠の閲覧等も認められるが、裁判員にならない限り評議・評決で意見を述べることは原則的にできない。裁判所の判断で、補充裁判員が置かれない場合もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

補充裁判員

裁判員が途中で欠けると、審理を中断して裁判員を追加で選び、証拠調べをやり直すことになる。こうした事態を防ぐため、裁判員法は審理が長引くような場合、裁判所は補充裁判員を審理に立ち会わせることができると定める。ただ、証人などに直接質問できず、評議で意見を述べるのも裁判官から求められた場合に限られる。結論を決める「評決」にも加われない。審理が進み、必要がなくなれば解任される。日当は裁判員と同じ上限1万円。

(2007-12-08 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補充裁判員の関連キーワード裁判員法部分判決制度区分審理裁判員休暇裁判員の選任手続き裁判員裁判の審理日数裁判員法101条裁判員裁判の日数性犯罪と裁判員裁判演技の中断

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

補充裁判員の関連情報