評決(読み)ひょうけつ

百科事典マイペディア「評決」の解説

評決【ひょうけつ】

(1)英米法において,陪審が下す決定verdict訳語。陪審は,証拠に基づき,自らが行った事実認定に裁判官が説示で説明した法を適用して,刑事事件では被告人有罪もしくは無罪の形で,民事事件では原告勝訴もしくは被告勝訴の形で,結論を下すのが通例は陪審全体の決定であり,陪審員全員出席の上,陪審員長が決定を裁判所に答申する。陪審員全員一致による評決が原則であるが,一部の法域では例えば10対2でよいとするような多数決も認められている(ただし過半数で足りるとする例はない)。裁判所は,原則として,評決に従った判決をしなくてはならない。(2)日本の裁判所法上では,合議制裁判所において裁判内容を決めるためにする裁判官の評議裁決のこと。過半数の意見による。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「評決」の解説

ひょう‐けつ ヒャウ‥【評決】

〘名〙
① 評議して決定すること。議決
※公議所日誌‐一四・上・明治三年(1870)五月「何某を官に任じ度旨頼入れ、評決の上許諾し」 〔魏書‐唐和伝〕
② 合議体の裁判所で、裁判官が裁判の内容を決めるために評議・採決すること。〔裁判所法(1947)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「評決」の解説

評決

1982年製作のアメリカ映画。原題《The Verdict》。監督:シドニー・ルメット出演:ポール・ニューマン、シャーロット・ランプリング、ジャック・ウォーデン、ジェームズ・メイソンほか。第55回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。

評決

英国の作家アガサ・クリスティによる推理劇(1958)。原題《Verdict》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「評決」の解説

ひょう‐けつ〔ヒヤウ‐〕【評決】

[名](スル)
評議して決めること。議決。「法案を評決する」
合議制裁判所で、裁判内容を確定するために評議・採決すること。
[類語]決定決まり本決まり確定画定議決決議論決議定取り決めだん断案けつ裁決裁定決断判断断定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の評決の言及

【陪審】より

…陪審員には旅費・日当が支給されることになっている。陪審員は法廷での審理に臨み,最後に裁判官から事実に適用すべき法などについての説示を受けた後,外部との連絡をいっさい断って陪審員のみで評議を行い,事件について評決verdictする。評決は全員一致でなければならない。…

※「評決」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android