コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裴頲 はい てい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

裴頲 はい-てい

?-? 渤海(ぼっかい)の官吏。
元慶(がんぎょう)6年(882),寛平(かんぴょう)6年(894)大使として来日。詩作にすぐれ,鴻臚(こうろ)館で菅原道真,島田忠臣らと詩文の贈答をおこなった。子の裴璆(きゅう)も渤海使として3度来日し,大江朝綱らと詩をかわした。それらの作品は「文華秀麗集」「菅家文草」などにおさめられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone