コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裴頲 はい てい

1件 の用語解説(裴頲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

裴頲 はい-てい

?-? 渤海(ぼっかい)の官吏。
元慶(がんぎょう)6年(882),寛平(かんぴょう)6年(894)大使として来日。詩作にすぐれ,鴻臚(こうろ)館で菅原道真,島田忠臣らと詩文の贈答をおこなった。子の裴璆(きゅう)も渤海使として3度来日し,大江朝綱らと詩をかわした。それらの作品は「文華秀麗集」「菅家文草」などにおさめられている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

裴頲の関連キーワード渤海楽ニッカーボッカー県犬養貞守伊東渤海高麗殿嗣引田虫麻呂渤海翁楊承慶楊泰師和気彜範