コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団婚 しゅうだんこん group marriage

翻訳|group marriage

4件 の用語解説(集団婚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団婚
しゅうだんこん
group marriage

複数の男性と複数の女性との集団的な婚姻をいう。通常は1組の兄弟もしくは兄弟姉妹と,別の1組の姉妹もしくは兄弟姉妹との集団的婚姻が想定されているが,これらの集団婚が現実的にはもとより,歴史的にもあるべき婚姻形態としてどこかの民族に存在したという証拠はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうだん‐こん〔シフダン‐〕【集団婚】

複数の男子と複数の女子とが、互いに対等の資格で同時に婚姻関係にある婚姻形態。モーガンが、「古代社会」で乱婚に次ぐ原始的婚姻形態として推測したが、その事実は認められていない。群婚。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

集団婚【しゅうだんこん】

2人以上の一組の男と別の一組の女とが同時に婚姻関係にある婚姻形態。L.H.モーガンら初期の人類学者は,原始・未開社会ではこの婚姻形態が行われたとしたが,実質的に存在したことはほとんどみられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集団婚
しゅうだんこん

複数の男性と複数の女性が同時に婚姻関係にある婚姻の形態。群婚ともいう。L・モルガンがその著書『古代社会』(1877)のなかで、一妻多夫婚から一夫多妻婚へ、さらには一夫一婦婚へという婚姻の進化の過程において、それら3形態に先行したはずの婚姻形態としてその存在を推測し、またそれをエンゲルスが『家族、私有財産および国家の起原』で大々的に取り上げたために一躍有名になった。モルガンがその推論の根拠としたのはハワイ人親族名称で、彼らは同世代のイトコたちをすべて兄弟と同じ名称で、またオジ・オバは父・母と同じ名称でよぶが、これは兄弟姉妹が互いに妻と夫を共有しあっていたかつての集団婚の名残(なごり)であると考えた。しかし今日の人類学では、集団婚の存在はほぼ否定されている。というのは、社会が生産技術のごく低い段階から発展し、それに伴い婚姻形態も進化したという彼の考えに基づくと、生産技術のもっとも低い採集狩猟民社会のほとんどが一夫一婦婚であり、一夫多妻婚や一妻多夫婚はかなり生産水準の高い農民社会に多くみられるという事実を説明できないからである。また、単なる性行為と、多くの社会的権利義務の伴う婚姻とを区別する最近の人類学の視点からは、現在・過去のいかなる民族資料にも集団婚の事実は認められないのである。[山本真鳥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の集団婚の言及

【婚姻】より

…では,生物学的な性的結合がどのようにして婚姻という文化的制度として成立するに至ったのであろうか。 19世紀の人類学者たちは,人類進化史の初期には,親子間やキョウダイ間においても性交の許される乱婚や,1群の兄弟と1群の姉妹が交合しあう集団婚が存在したと考えた。しかし,現存の未開社会でこれらが制度として行われている例は見いだされず,とくに技術的に原始的とされる採集狩猟民の間ではむしろ一夫一婦制をとるものが多く,婚姻外の性的関係への規制が強く見られる。…

【親族名称】より

…同時にモーガンは,親族名称が過去または現在の婚姻様式の直接の反映だと考え,原初の乱婚の状態から,異世代婚が禁止され,兄弟姉妹同世代婚が行われた社会がマレー型名称を持つとした。さらにトラニア・ガノワニア型はプナルア婚punaluan marriage(妻の姉妹・夫の兄弟との自由婚)や対偶婚syndyasmian marriage(複数の兄弟姉妹集団間の集団婚group marriage)と対応し,一夫多妻婚を経て単婚家族にいたると名称体系もアーリア・セム型になるという一線的進化の仮説を提示した。モーガンの進化図式はその後厳しい批判にさらされることになったが,親族名称の科学的研究の基礎を築いたことは高く評価されている。…

※「集団婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

集団婚の関連キーワード複数ロイヤル群婚内婚制マージナルマン輪姦子等所要量サウジアラビアの女性同居強要事件結婚防衛法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集団婚の関連情報