複雑多岐(読み)ふくざつたき

精選版 日本国語大辞典の解説

ふくざつ‐たき【複雑多岐】

〘名〙 (形動) 物事が多方面にかかわりをもち、重なり混じって込み入っていること。また、そのさま。
※自然主義は窮せしや(1910)〈魚住折蘆〉「所謂現代思潮或は近代思潮は其内容の複雑多岐なるに拘らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

複雑多岐

物事が多方面にわたっていて、こみ入っているさま。

[活用] ―な・―に・―だ。

[使用例] 私たちを取り巻く現実が複雑多岐にわたるようになり[十返肇*現代文学における意図の問題|1957]

[使用例] 当審採用の唐木鑑定人の所見によれば、術後の肺合併症は、複雑多岐の症状を呈し[山崎豊子*白い巨塔|1965]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報