コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ドイツ=ポーランド条約 にしドイツ=ポーランドじょうやくWarschauer Vertrag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西ドイツ=ポーランド条約
にしドイツ=ポーランドじょうやく
Warschauer Vertrag

1970年 12月7日西ドイツの W.ブラント首相とポーランドの J.チランケウィチ首相が調印した両国の「国交正常化の基礎に関する条約」。 72年6月3日にベルリンに関する四大国協定の正式調印に伴い批准書が交換され発効した。これによって第2次世界大戦後初めて両国国交正常化への道が開かれた。第1条で,両国,特に西ドイツが,戦後のヨーロッパで最大の国境問題であったオーデル=ナイセ線を,事実上ポーランドの西部国境であることを認めた意義は大きい。これは東ヨーロッパ諸国との和解を目指すブラント首相の東方外交の新しい前進となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

西ドイツ=ポーランド条約の関連キーワードドイツ統一問題東方政策オーデル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android