コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西園寺公藤 さいおんじ きんふじ

美術人名辞典の解説

西園寺公藤

室町後期の公卿。実遠の子。号は得生院。仕えて正二位右大臣に至る。『新撰菟波集』に入集し、また『人鏡論』序文の筆者に擬せられている。永正9年(1512)歿、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西園寺公藤 さいおんじ-きんふじ

1455-1512 室町-戦国時代の公卿(くぎょう)。
康正(こうしょう)元年生まれ。西園寺実遠(さねとお)の子。文明14年従三位。延徳元年権(ごんの)大納言,文亀(ぶんき)元年内大臣となり,永正(えいしょう)3年右大臣にのぼった。正二位。永正9年6月19日死去。58歳。号は得生院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西園寺公藤の関連キーワード西園寺実宣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android