コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西域都護府 セイイキトゴフ

デジタル大辞泉の解説

せいいき‐とごふ〔セイヰキ‐〕【西域都護府】

中国で代に、西域経営のために設置された官府。前60年、前漢宣帝烏塁(うるい)城に設置、西域諸国の統治のほか、屯田の経営、交易の保護などに任じた。107年廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいいきとごふ【西域都護府】

漢代に置かれた西域統治のための機関。長官は都護。前60年、前漢の宣帝の時に烏塁うるい城に創設。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

西域都護府の関連キーワード新疆(ウイグル自治区)漢の時代(年表)クチャ(庫車)県西域経営西域都護烏塁城うるい都護府創設都護長官陳湯

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android