コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西宮秀 にしみや ひで

2件 の用語解説(西宮秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西宮秀 にしみや-ひで

1834-1912 幕末-明治時代の女性。
天保(てんぽう)5年8月10日生まれ。西野宣明の娘。常陸(ひたち)水戸藩の奥女中として藩主徳川斉昭(なりあき)の夫人吉子につかえる。維新後,生活困窮のため周囲の反対をおしきって貸布団屋,芸者置屋をいとなんだ。幕末混乱期の水戸藩の動向をしるした回想録「落葉の日記」をのこす。大正元年12月31日死去。79歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西宮秀

没年:大正1.12.31(1912)
生年:天保5.8.10(1834.9.12)
幕末期の水戸藩奥女中。水戸藩の学者西野宣明 の娘として江戸に生まれる。水戸藩主徳川斉昭の夫人貞芳院に仕え,安政大地震(1855)や幕末期の水戸藩の動乱を奥女中の目を通して日記に綴る。維新後,一庶民となり,芸者置屋や貸布団屋などして家族を養い,才覚と勇気を持って生きた回想録を残している。<著作>『落葉の日記』<参考文献>柴桂子「近世女たちの災害記録」(『江戸期おんな考』創刊号)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

西宮秀の関連キーワード光の科学史ケズウィック葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑バーブ明治天皇大正

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西宮秀の関連情報