コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西尾忠善 にしお ただよし

1件 の用語解説(西尾忠善の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西尾忠善 にしお-ただよし

1768-1831* 江戸時代後期の大名。
明和5年7月22日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主牧野貞長の4男。西尾忠移(ただゆき)の養子となり,享和元年遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主西尾家5代。文化3年奏者番。藩学問所修道館を設立し,蘭学をすすめ,殖産興業にもつとめた。天保(てんぽう)元年12月17日死去。63歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西尾忠善の関連キーワード斑糲岩エレキテルゴローニンメイランペドロ蒲生君平硫黄山(いおうやま)雨月物語香川景樹カナレット

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone