コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西岸強化 せいがんきょうかwestward intensification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西岸強化
せいがんきょうか
westward intensification

太平洋,大西洋など大洋の海流系が東西に対称的でなく,中心が西に偏していて,西側海岸の海流が東側海岸よりも著しく強いこと。黒潮メキシコ湾流などがこの例で,H.ストンメルらの風成海流の理論によると,地球自転によって生じる転向力 (コリオリの力 ) が緯度によって異なるためと説明されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の西岸強化の言及

【海洋大循環】より

…図1は図4のbとcが交互に並んで複雑化されたものだと思えばよいが,よく見ると,図1の個々の循環(渦)は図4のb,cとは大きな違いがある。それはどの渦も西側に東側より強い流れが存在することで,これを循環(海流)の西岸強化という。例えば太平洋にあてはめると一番上の渦の西側を南向きに流れている西岸境界流が親潮であり,その下を北向きに流れている西岸境界流が黒潮に相当する。…

※「西岸強化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西岸強化の関連キーワードヘンリー・メルソン ストンメル亜熱帯循環ソマリ海流中規模渦コリオリ湾流

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西岸強化の関連情報