コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川貞二郎 にしかわ ていじろう

2件 の用語解説(西川貞二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西川貞二郎 にしかわ-ていじろう

1858-1924 明治-大正時代の実業家。
安政5年4月生まれ。北海道場所請負人西川伝右衛門家10代。明治2年請負制の廃止後も漁場を忍路(おしょろ)のみに縮小して経営。15年郷里滋賀県に八幡銀行を創立して頭取となり,大阪商船などの設立にかかわった。大正13年3月死去。67歳。本姓は井狩。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西川貞二郎

没年:大正13.3(1924)
生年:安政5.4(1858)
明治大正期の商人,漁業家。井狩只七の次男。近江(滋賀県)八幡町の西川家の婿養子となり,西川伝右衛門家10代当主となる(「伝右衛門」名は襲名していない)。名は,あるいは「さだじろう」か。初代伝右衛門は荒物行商から身を起こし,慶安3(1650)年松前へ渡り,城下小松前町に開店,両浜組(近江商人団)の一員となり漁場請負となる。3代伝右衛門は寛延・宝暦(1748~64)ごろ,茂入・祝津場所(余市・小樽市)を請け負い,廻船も数隻有して漁獲物を直接上方へ運び取引した。貞二郎のころは,西川家は忍路・高島場所(小樽市)の請負人としておおいに繁栄し,明治2(1869)年場所請負制廃止後も建網20数カ所で漁場経営を継続した。明治期には他業種へ積極的に展開し,中一商会,大阪商船株式会社,大日本帝国水産株式会社の設立にかかわり,八幡銀行の初代頭取となる。場所請負人の多くが明治期に漁業から撤退したなかで,西川家が大正期まで漁業経営を継続できた要因は,近江の拠点の維持と船の所有の継続にあったと考えられる。<参考文献>「西川家文書」(小樽市博物館滋賀大学経済学部付属史料館・滋賀短大図書館蔵)

(中西聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

西川貞二郎の関連キーワード安政の大獄ベルタン田中長兵衛高校野球父を売る子フランス映画小林良典ペリー安田雷洲梁川星巌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone