忍路(読み)おしょろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忍路
おしょろ

北海道西部,小樽市の1地区。 1958年小樽市に編入。地名はアイヌ語ウショロ (湾,入江の意) に由来する。忍路湾にのぞみ,江戸時代後期よりニシン漁によって繁栄してきたが,明治後期より漸減し,1935年頃から不漁になった。現在は近海のカレイ・ホッケ刺網,タラ延縄漁業を主に,周囲の傾斜地を耕して自給農業を営む。忍路湾は昔から避難港として知られた。湾頭には北海道大学忍路臨海実験所,内陸部に日本最大の環状列石があり,史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忍路
おしょろ

北海道西部、小樽(おたる)市西部の一地区。忍路湾に臨む竜ヶ崎一帯の地区。地名はアイヌ語の「ウシヨロ」(湾、入り江)説などがある。江戸後期からニシン漁業で栄えたが、現在は海水浴場としてにぎわう。海岸一帯はニセコ積丹(しゃこたん)小樽海岸国定公園の一部で、枕(まくら)状溶岩が露出している。国史跡忍路環状列石がある。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍路の関連情報