コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍路 おしょろ

2件 の用語解説(忍路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忍路
おしょろ

北海道西部,小樽市の1地区。 1958年小樽市に編入。地名はアイヌ語ウショロ (湾,入江の意) に由来する。忍路湾にのぞみ,江戸時代後期よりニシン漁によって繁栄してきたが,明治後期より漸減し,1935年頃から不漁になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忍路
おしょろ

北海道西部、小樽(おたる)市西部の一地区。忍路湾に臨む竜ヶ崎一帯の地区。地名はアイヌ語の「ウシヨロ」(湾、入り江)説などがある。江戸後期からニシン漁業で栄えたが、現在は海水浴場としてにぎわう。海岸一帯はニセコ積丹(しゃこたん)小樽海岸国定公園の一部で、枕(まくら)状溶岩が露出している。国史跡忍路環状列石がある。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忍路の関連キーワード北海道小樽市稲穂北海道小樽市色内北海道小樽市塩谷北海道小樽市祝津北海道小樽市築港北海道小樽市手宮北海道小樽市花園北海道小樽市緑北海道小樽市港町北海道小樽市最上

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忍路の関連情報