コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西廻り航路 ニシマワリコウロ

デジタル大辞泉の解説

にしまわり‐こうろ〔にしまはりカウロ〕【西×廻り航路】

江戸時代、日本海沿岸の港と大坂を結ぶ幹線航路。17世紀半ばに開かれ、日本海を西へ航海し、下関から瀬戸内海に入り大坂に達する。→東廻り航路

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にしまわりこうろ【西廻り航路】

江戸時代にひらかれた日本海岸の諸港と大坂を、下関・瀬戸内海ルートでむすぶ航路。江戸後期には蝦夷地・東北・北陸の物資(米・海産物)を上方かみがたへ輸送する幹線航路となったが、冬季四か月は海況が悪く途絶するため、瀬戸内・太平洋沿岸航路に後れをとった。 → 東廻り航路

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

西廻り航路の関連キーワード北風彦太郎宮津[市]河村瑞軒北国廻船奥羽廻船平山尚住河村瑞賢北前船西回り宮津米山安来輪島酒田尾道

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西廻り航路の関連情報