コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東廻り航路 ヒガシマワリコウロ

デジタル大辞泉の解説

ひがしまわり‐こうろ〔ひがしまはりカウロ〕【東×廻り航路】

江戸時代、東北・北陸の港と江戸とを結んだ幹線航路。当初は津軽海峡を経て太平洋沿岸を南下し、銚子から川船で利根川江戸川を経て江戸に達したが、寛文11年(1671)河村瑞軒房総半島を迂回(うかい)して直接江戸に入る航路を開いた。東廻り海運。→西廻り航路

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひがしまわりこうろ【東廻り航路】

江戸時代、奥羽地方の諸港から津軽海峡を経て太平洋岸沿いに南下し、江戸に至る幹線航路。1671年河村瑞軒が阿武隈川口の荒浜から江戸直行の航路を開いて以後、次第に発展した。東廻り海運。 → 西廻り航路

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

東廻り航路の関連キーワード東廻り廻船河村瑞賢奥羽廻船

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東廻り航路の関連情報